最新投稿

  • インプラントと人工歯の寿命は違います。

    インプラント(人工歯根)治療には、年齢の上限はありませんが、下限は骨の成長がほぼ終了する16歳ぐらいから治療を受けることができます。人工歯根を埋め込むには、しっかりとした骨は重要ですが、歯周病の人は、歯周病が治ってからの治療になります。人工歯根の素材には、人工関節などにも使われ実績のあるチタンが使われます。人工歯根の寿命は、20年経過でも90%の確率で従来通りの機能をしています。よく間違われるのは、人工歯根と人工歯の寿命の違いです。人工歯根の寿命は長いですが、人工歯の寿命は5年と言われています。人工歯の材質、歯磨きや歯科医院でのメンテナンスで、寿命は変わってきます。人工歯根は固い骨と結合されているので丈夫ですが、人工歯は酷使されるので寿命は短くなります。そのため、人工歯根の交換をする前に、何度も人工歯を交換することになります。インプラント治療は、1本あたりの料金が30万円ほどかかりますが、治療終了後もメンテナンス代や人工歯の交換にお金がかかることを忘れてはいけません。

    働きたい意欲がある方募集中☆
    給与形態などご希望に合った職場を見つける事が出来ます☆

    http://www.doctor-kyujin.jp/
    医療関係の職をお探しの方必見です!

    悪質手術を行うクリニックを排斥します
    私たちは優良なクリニックだけをご紹介し、悪質クリニックは許しません

    まつ式小顔矯正

    チームオーダーも承っております!

  • ①.インプラント

    インプラント(人工歯根)の治療には長期間かかります。人工歯根を埋め込むには、歯を抜歯する必要がありま …